シニア男性

老人ホームで活用できる便利なソフト|介護業界のサポーター

事業所を経営する

介護師と老人

介護の事務作業には保険の計算などがあり、また請求書を作成して提出するといったことも行なっています。事務業務の手間を少しでも省く方法として介護ソフトがあり、ソフトにも様々な種類があるので目的に合ったものを利用しましょう。

詳細を確認する

管理が簡単になる

微笑む女の人

多くの介護施設で利用されている介護ソフトは、スケジュール管理などをすることも出来るのでとても便利です。また、データも簡単に管理することが出来るので必要であれば探すことも簡単に行なうことが可能です。

詳細を確認する

オススメサイト

  • 知って納得!介護伝送ソフト比較のツボ

    国保連の伝送ソフト情報はこちらにあります。様々な機能があるので、現場の状況に合わせて選んでおくことが大切です。
  • シニアライフネット

    大切な家族をお任せするなら安心できるサービスがある場所がいいですよね。老人ホームを十三で見つけ出してみませんか?

ソフトを利用する

介護

介護ソフトによる事務作業の効率化

老人ホームなどの介護施設においては介護に携われる人材の数も限られており、業務にかけられる費用も介護保険制度の影響を受けて切り詰めなければならない状況があります。そのため、諸々の仕事を効率化することが重要となっており、情報技術を駆使した効率化がその目的では現代の潮流に合った戦略です。数多くの介護ソフトが開発されてきていることから、それを導入することによって効率化を目指すことが可能です。特に焦点がおかれているのがレセプトの作成や介護報酬請求のための事務作業の効率化であり、それが介護プランや実施成果の入力と連結されるシステムが導入されている介護ソフトが一般的です。これを用いることで事務作業の負担が大幅に軽減されます。

人的ミスも減らせる一元管理

介護ソフトを導入することで介護プランやその実施成果をレセプトの作成や介護報酬請求に連結させることのメリットは、ただ事務作業を効率化させられるだけではありません。一連の仕事が介護ソフトで一元管理されるようによって、ミスを減らすことができるのです。介護ソフトを用いていない場合には介護プランを確認してサービスを提供する人と、レセプトを作成する人の間にコミュニケーションミスがあると誤ったレセプトが作成されることになります。また、介護報酬請求書の作成も別途に行わなければならないので、その際にも人的ミスが生じるおそれがあります。しかし、これらが全て一つのソフトで管理されて自動処理されることによりそういったミスを予防することができるのです。そのため今では多くの老人ホームで活用されており、業務の効率化を図っているといえるでしょう。

申し込み方法を把握

食事

介護業界では一般的に介護ソフトを使っている事業所が多いですが、その介護ソフトを利用するためには、ASPというそのソフトを提供している、またはその使用権を販売しているソフト会社と契約を結ぶ必要があります。

詳細を確認する