3人の男女

老人ホームで活用できる便利なソフト|介護業界のサポーター

事業所を経営する

介護師と老人

介護保険を利用する事業所を経営するにあたっては、各都道府県に事業所の指定を受けなければいけません。介護事業所と言っても入所サービスから居宅サービスまで種類も豊富で、居宅サービスに関しても訪問看護や訪問介護、居宅介護支援など色々とあります。介護事業所を経営するためには、経営者はヘルパーを雇い、勤務表や給与管理をしなくてはいけません。そのような場合に便利なのが介護ソフトです。現在では介護事業所の種別に応じた介護ソフトが販売されていて、管理者用やヘルパー用に様々な機能が搭載されています。管理者用としてはヘルパーの勤務表や給与、スケジュールなどが管理できるようになっているので経営の効率化を図ることができます。

介護ソフトには様々なものがありますが、各事業所に応じた機能が搭載されているのが特徴です。管理者用の機能は上記に挙げたものがありますが、利用者に関する機能としては利用者情報やサービス予定実績表、請求書などが搭載されていて、予定や実績を入力するだけで自動的に計算されるようになっています。介護保険では要介護度によって介護報酬が変わりますし、利用者は病気等によって要介護度が変更になることもあります。また、定期的に法改正があり介護報酬等が変更になる場合もあります。現在では法改正にすぐに対応する介護ソフトも多いので、計算をし直したり書式を変更したりする手間を省くことができ、事務の効率化を図る上で大きな役割を果たしています。